レイトオータム 韓国映画

レイトオータム 韓国映画

レイトオータム 韓国映画

製作年度/韓国封切

2010年 2011年2月17日

 

みどころ、あらすじ

DVの夫を誤って死なせてしまったアンナ(タン・ウェイ)。模範囚として7年過ごしてきた彼女に、母親の訃報を受けて3日間の外出が許可される。ただしその間は、肌身離さず携帯電話を所持することが義務付けられていた。葬儀に向かうために、シアトル行きバスで誰かに追われている様子の男フン(ヒョンビン)が慌てて乗り込んでくる。彼は、乗客に同じアジア系のアンナを見付けると、バス運賃を貸して欲しいと図々しく頼み込む。仕方なく運賃を貸したアンナに、彼は金を返すまで持っていて欲しいと腕時計を差し出す。寂しい女性たちに“エスコート・サービス"を行なっているフンは、ひたすらよく喋る韓国人男性だった。長い刑務所生活ですっかり異性との会話が億劫になったアンナは、彼のそんな態度に戸惑い、無視したまま別れる。バスを降りると、束の間の外出を満喫するアンナ。久しぶりにメイクアップを施し、ショッピングを楽しんでいたものの、暫くすると残酷な現実を思い知らされる。そんな時偶然、街角でフンと再会。思わず彼に“私を抱きたい?"と言葉をかけてしまう……。

 

あらすじ、登場人物、人物相関図‥

ワウコリア(みどころ、あらすじ)

 

主なキャスト

ヒョンビン  
タン・ウェイ(湯唯)
キム・ジュンソン  
キム・ソラ  
パク・ミヒョン

 

監督・脚本・・・キム・テヨン

関連リンク

韓国映画興行成績
韓国ドラマDATA
平均視聴率30ランキング
ワウコリア(韓国映画)
輝国山人の韓国映画

 

DVD、OST、BOOK‥

アマゾンで関連商品を探す
楽天で関連商品を探す

 

Googleで検索Googleで検索


 

 

 

スポンサーリンク


韓国ドラマ ドラマ視聴率 韓国映画 映画興行 韓国俳優